ブログ

ブログを作るには?作成の方法・ポイント・注意点を一挙解説!

りんだ
りんだ
どうもりんだです。今日はブログを作る際のポイントや注意点についてお話します!

Web上でのブログは趣味として楽しいだけでなく、収益化も狙えるコンテンツです。ただ、初めてブログに挑戦する人なら何から始めていいのか分からないことも多いでしょう。

ブログを作る方法は複数あるので、自分に合った手段を選ぶことが大事です。

1.ブログを作る2種類の方法とは?



おおまかに、ブログを作る方法は2種類あります。それぞれに特徴があるので目的に合った方法を選びましょう。

1-1.無料のブログサービスを利用する方法

世間一般で「ブログ」と呼ばれているコンテンツの大半は無料で参加できるサービスを指します。ネットユーザーはサービスに無料で会員登録をすればマイページを所有することができ、設定された機能を利用できます。ブログの記事更新はもちろん、画像や動画を転載したり、ページ内のデザインを変更したりすることも可能です。

多くのサービスでは壁紙やレイアウトをテンプレ―ト化しているので、ブログ主は好きなものを選んでページをデザインしていきます。Webデザインについて特別な知識を持ち合わせていなくても、自分だけの空間を構築できるのは大きなメリットです。

無料のブログサービスには一部機能が有料に設定されているケースも多く、全てを利用したいと思ったときには課金しなくてはいけません。たとえば、詳しいアクセス解析などは有料オプションになっていることがあります。

ただ、基本的なサービスは無料のまま使い続けられるので、有料オプションを利用しなくても人気ブロガーになった人はたくさんいます。「始めてみたい」と思えばすぐ始められるのは無料ブログサービスの魅力です。

なお、サービスごとにまったく目的や読者層が異なるので、自分にぴったりのところを慎重に探すことが大事です。

1-2.自分でブログを構築する方法

プログラミングの知識に長けているネットユーザーであれば、自分で専用のブログを開設することもできます。オリジナルブログのメリットは、何の制約も受けないことです。

デザインや操作性など、全てを自分好みに調整できるので、センスや目的をほぼ完ぺきに反映できます。他のブロガーとは被らないデザインにすれば、差別化を図れるでしょう。

ただ、オリジナルブログの開設にはサーバーがなければいけません。サーバー本体から購入すると高くつくので、レンタルサーバーと契約するのが一般的です。それでも、月々の保守費用なども含めて決して安くないコストがかかります。予算をしっかり確保しておかないと、経済的に苦しくなる可能性もあります。

そのかわり、自分でサーバーを探してくるケースであってもブログを簡易に作成できるソフトやサービスは利用できるので、知識さえあれば開設の作業はそれほど難しくないといえます。むしろ、サイト構築から初期設定まで自力で行うだけの時間があるかどうかが問題でしょう。

2.ブログを作る方法はどちらを選んだらいい?

無料サービスを利用するのも、オリジナルにこだわるのも本人の自由です。いずれが優れているというわけではないので、事情によって適した方法を選びましょう。

何もかも自由に独創的なコンテンツを提供したいのであれば、オリジナルブログにするのが得策です。無料サービスを使うと、どうしても既存のデザインや操作性を受け入れなければいけない場面が出てきます。

ただ、オリジナルブログを構築、管理していくのは相応の知識量が必須です。特に、プログラミングに関しては専門的なスキルを身につけていないと、そもそもブログを始めることすら困難です。

プログラミングの知識に乏しかったり、そもそもブログ自体が初心者であったりするなら無料サービスに登録するのが無難です。無料サービスはすぐに更新を始められるうえ、自分で設定しなくてはいけない範囲も狭いのがメリットです。

また、無料サービスは企業が運営しているのでセキュリティ面も整っています。個人情報漏えいなどのリスクが少なく、安心して運用を続けられます。そのかわり、無料サービスの中には利用できる機能が少ないところもたくさんあります。

あまりにも制限が厳しいと副業としてのブログに向きません。どの程度の機能を使えるのか、登録前に比較検討を行いましょう。



3.ブログを作るときに意識したいポイント

アクセス数を稼げるブログとそうでないブログには明確な差があります。ブログで収入を得たいのであれば、以下のようなポイントを意識して運用を続けましょう。

3-1.目的をはっきりさせる

ブログをただの日記として書くのであれば、アクセス数を強く意識しなくてもいいといえます。思ったこと、身の回りの出来事について素直な文章を綴るだけでもかまいません。

ただ、ブログを収益化していくには目的意識が大事です。単なる趣味ではなく、副業にするつもりであれば開設する前に目的を設定しましょう。そのことで、読者目線での更新をしやすくなります。

自分が書いていて気持ちよかった文章でも「読者からすれば面白いのだろうか」という意識が働くようになり、内容が研ぎ澄まされていきます。アクセス数や離脱率などを考えて記事を更新していくきっかけとしても大切です。

目的が曖昧なままブログを始めても、固定読者をつかめないのでアクセス数は伸びません。つまり、マネタイズのしにくいブログとなってしまいます。

読者のニーズを無視したまま更新を続けるようなケースも多く、繰り返し訪れようと思ってもらいにくいのです。さらに、目的のないブログは更新が途中で止まってしまう危険も少なくありません。

モチベーションがはっきりしていないうえ、結果もともなわないのでコンテンツを作るのが苦痛になっていきます。方向性が定まらずに、挫折をしてしまうこともあるでしょう。

3‐2.テーマをしっかり決める

読者に合わせてブログを更新していくには「テーマ設定」も重要です。ブログにおけるテーマとは、どのような事象や作品についてコンテンツを作成していくのかという縛りを意味します。

できるなら、テーマは自分が得意であったり、好きだと思えたりする分野にするのが賢明です。自分が詳しい分野であればブログの更新が苦になりません。

取材や執筆作業も前向きに行えます。また、ブログから伝わる熱量も大きくなるので、たくさんの読者に共感できる内容となっていきます。

テーマは必ずしも1つに絞ることはないものの、複数を取り扱う場合でも狙うべき読者層は統一するのがコツです。たとえば、「映画」や「音楽」などにテーマが分散していたとしても、全てが「20代女性の興味がある作品」になっていれば、固定ファンを逃がしにくくなります。

それに、複数の記事を併せて楽しんでもらいやすくなり、アクセス数を稼げます。ただ、ブログを始める時点で得意ジャンルのない人も少なくありません。その場合は、自分が興味を持って取り組めそうなテーマを見つけましょう。

自分が勉強していく過程をブログに反映していくのも立派な手法です。同じように、ジャンルについて詳しくない読者の関心も集められます。



3-3.名前を工夫する

ブログのタイトルも肝心です。タイトルはブログの名刺代わりになるので、覚えやすさが最優先です。また、ブログの内容を象徴するタイトルにしましょう。

特定の人物について書かれたブログなら、その人の存在をしっかり匂わせるなど、ターゲット層に響かせることが重要です。そのうえで、読者の記憶に残ってくれれば、ブログ名で検索してくれるネットユーザーは増えていきます。

また、「オリジナリティ」も意識したいところです。Web上にブログは数えきれないほど存在しており、同様のテーマについて取り扱っているところもあるでしょう。似たブログと名前まで被ってしまったら、検索エンジンに引っかかりにくくなっていきます。

なお、ブロガー本人の名前は本名を公表しても、ハンドルネームにしてもかまいません。ただ、ブログをやっている事実を周囲に知られたくないならハンドルネームにするのが無難です。最初は本名だったブロガーが、途中からハンドルネームを名乗り始めるのは不自然だからです。

それに、本名を出せば個人情報もある程度ネットに流出してしまいます。「職場に知られてからかわれるのが嫌だ」などの事情があるのなら、ハンドルネームを名乗っておきましょう。

3-4.デザインを選ぶ

ブログのデザインもネットユーザーからの印象を決定づけるポイントです。掲載されている記事が面白かったとしても、デザインが無個性的なら読者にインパクトを残せません。

また、ブログ全体のレイアウトが見にくくなっているのも致命的な欠点になりかねないでしょう。たとえば、無料のブログサービスであればテンプレートでトップ画面や背景のデザインなどを選べます。

テンプレート同士を組み合わせるなどの作業ができるサービスもあるので、デザインの知識がないブロガーでも手軽にページ内の雰囲気を変えられます。

できれば、デザインはブログの内容に合わせるのがポイントです。真面目で学術的な内容の多いブログであれば、シックなデザインが似合います。逆に、ポップで親しみやすい内容を目指すのであれば明るいデザインにするのもひとつの方法です。

そして、文字サイズやフォントを選べるサービスでは、読みやすさを考えて設定しましょう。スマホやタブレットでブログを読むネットユーザーは多いので、文字サイズが小さいとリピーターが減ることもありえます。

なお、デザインはすぐに決める必要がありません。更新を始めて、ブログの方向性が定まっていくのに合わせて少しずつデザインを改善していくのもいいでしょう。

4.ブログの記事はどうやって書いたらいい?

ただ書きたいように記事を作成しても、なかなかアクセス数は伸びません。SEO対策といって、検索されやすいキーワードを記事の中に含めると、読者の目に留まりやすくなります。

検索エンジンがキーワードを含んだサイトとして、上位に登場させてくれやすくなるからです。記事を作る前に検索回数の多いキーワードを調べて、タイトルや本文中に自然と盛り込むようにしましょう。

次に、「結論は先に書く」のがポイントです。ネットユーザーの多くは、知りたい情報を求めてブログを検索しています。アクセスした記事で結論がすぐに出てこないと「ここでは自分の望みが叶わない」と判断し、離脱してしまいます。

ブログ記事では結論を序盤ではっきり示すことが重要です。その後で、「なぜそうなるのか」という理由を簡潔にまとめていきます。

また、読みやすさを演出するためには見出しも肝心です。見出しだけを追えば、おおまかな内容が伝わるように意識しましょう。本文を書き始める前にまず見出しを設定しておくと、整理された記事になりやすいといえます。

見出しごとに書くべき内容を箇条書きし、自分で全体像を把握してから記事を執筆し始めます。そのほか、改行やイメージ画像を挿入するのも効果的です。読者がストレスなく追える記事を量産すれば、リピーターも増えていきます。

5.ブログを作るときの注意点

無料のブログサービスでは、利用規約を必ず確認しましょう。場合によっては内容について制限が設けられていることもあります。もしも違反が発覚すれば運用停止や削除が行われる恐れが出てきます。

ブロガー自身の信用も落ちるので、ルールの範ちゅうで記事更新をすることが大事です。次に、他のブログやサイトの画像や文章を許可なく転載するのも違法行為です。

引用する場合は、しっかりと参照ページを示すようにします。それでも、転載自体が許されていない画像や文章もあるので、注意が必要です。

個人情報の開示についても慎重になりましょう。アクセス制限を設けない限り、ブログの記事はインターネットさえあれば誰でも閲覧できます。

ささいな記述から個人情報を突き止められ、悪用されるリスクもゼロではありません。名前や容姿はもちろん、住所などを匂わせる描写は無闇に行わないようにします。

そして、ネガティブな書き込みは極力控えます。事実を客観的に述べているだけでも、立場が違う人からすれば誹謗中傷に見える場合があるからです。政治や宗教、スキャンダルなどの話題に言及するときは要注意です。

そのうえで、ブログに載せる内容には最後まで責任を持つ覚悟を決めましょう。もしも責任を取れない内容であれば、最初から載せないほうが安全です。

ブログを作るなら自分に合った方法を選ぼう!

無料サービスであってもオリジナルであっても、本人の目的を叶えられるブログを作ることが重要です。HAJIPOのブログ作成サービスなら手軽に副業でブログを始められます。

設定がスムーズなので、初心者にぴったりだといえます。自分に合った方法でブログを作れば更新も楽ですし、高いモチベーションを保ったまま更新を続けられます。

アフィリエイトって具体的に何をしたらいいの?

今まで弊社では累計1億円以上のアフィリエイト報酬を頂きましたが、その過程で

どうやったら利益を出しやすく、どうやったら稼ぎにくいか…。が少しずつ分かってきました!

そこで今回LINE@の友達数が2500人を突破した記念として

  1. 月商3000万円に到達したアフィリエイトノウハウ
  2. アフィリエイトの先にある未来(web上では言いたくないw)
  3. 初心者にオススメの稼ぐためのアフィリエイト戦略
  4. アフィリエイトが本当の意味で個人にオススメな理由

等をLINE@にて配信することになりました。

りんだ
りんだ
LINE@が2000人登録突破!みなさんホントありがとう!

さらに今だけ期間限定の無料プレゼントとして

りんだのプロフィールと令和時代に「個で生きるため」に必須なスキルをまとめた電子書籍『選定力』

を友達登録時に無料でお渡ししていますのでぜひ受け取ってくださいね。(先着人数に限りあり。

LINE@の追加はこちら👇

公式LINE@はこちら

 

関連記事はこちら
【先着限定】無料LINE@コラム
※期間限定プレゼント有り
【先着限定】LINEコラム
※期間限定プレゼント有り
【先着限定】無料LINE@コラム
※期間限定プレゼント有り
【先着限定】LINEコラム
※期間限定プレゼント有り