中級者

「3クリックFX」【検証とレビュー】

3クリックFX 検証&レビュー

3クリックFXってどんな教材?

3クリックFXの制作年は2010年と古く、現在2019年からしてみるといささか不安になる年月を感じます。

概要としては裁量トレードにおいて移動平均線やインジケーターなど一切使わず、ろうそく足にトレンドラインとサポートラインを引いたライントレードの仕方を学ぶPDFファイルによる商材です。

300ページ以上にも及ぶボリュームがあり、初心者には1日で身に付けるには困難な印象があります。

週足から5分足までの解説があり、どの時間軸でも応用はできそうです。

特徴としては40問以上にも及ぶ問題とその解説があり、トレーダーに自分に考えさせ、購入者を自立させるような意匠を感じます。

そして、テクニックだけではなく相場に対する精神の在り方やメンタルについても細かく指摘しています。

ただ、ファンダメンタルについては否定的に解説されているので、FXでファンダメンタルズ分析も考慮している人には多少腑に落ちないところもあるのではないでしょうか。

一点、残念なところとしてはFXの口座開設まで手順マニュアルがあるにも関わらず、送金後は返金不可、メールサポートもありますが90日間までというのは親切とはあまり言えない気がします。

また、特典ではトレード動画がありますが、頻繁にトレードしている風景ではなく、静止画のチャートにラインを引いている風景が多く、PDFのボリュームと比べると物足りなさを感じました。

 

3クリック FX
勝ち続けるなら王道!利大損小の極意!ラインで炙り出すたった3つのクリックポイント!辿り着いた真実のライントレードノウハウ公開!

詳細はこちらから!

 

3クリックFXで学べることできること

上昇トレンド、下降トレンドのトレンドをろうそく足のみでトレンドラインを引いてトレンドの向きを確認することができます。

またトレンドだけではなく、レンジ相場時のライントレードも解説しています。

問題と解説が交互に続くので、多くの場面でのラインの引き方が学べるのではないでしょうか。

同じようにサポートラインも意識できるようになると思います。

トレンドラインとサポートラインを引いて、エントリーポイントと手仕舞うポイント(利確ポイントと損切ポイント)を学んでいきます。

このような感じで実際にあるチャートを用いて問題を提起して、

このように解答に導くというものです。

解答には買いなのか売りでエントリーするのか、どこで利確をするのか、どこで損切するのかというのを解説しています。

エントリーすることだけではなく、エントリーしてはいけないポイントにも入念に解説されていますので、きちんとはっきりとしたサインが出るまで待つという姿勢も学べると思います。

3クリックFXの欠点デメリット


私自身、ライントレードは普段しませんが、解説通りにトレードを実践してみました。

結果としては勝率4割といったところでした。

デメリットとしてはライントレードの引き方を知らない人にはまったく参考にならないことと、トレード中に採用したチャートによって大きくラインが異なってしまうことはラインを引くという行為自体がそもそも弱点を多く含むことに他ならないのではないかと思います。

上記の図で示した通り、問題のチャートと解答のチャートにはかなりの時間が経過していて、あとになってこういう結果でしたいうのは実際、リアルタイムでラインを引いていると、解答とはまったく違うラインが引かれているはずです。

この商材にはラインの引き方について詳細は解説されておらず、引ける前提で話が進むのも初心者には不親切かなと思います。

都合の良いチャートを引っ張ってきてラインを引いているという印象が強く、肝心の動画でも積極的にラインを引いてトレードをしているわけではありません。

これはトレンド入りなのか、レンジ入りなのかは専門家でも意見が分かれることもあるため、ラインを引くだけでは分かりませんが、後になってみればそれらは分かります。

「後になったチャート」について解説しているがゆえに解説が納得いくのであって、フォワードテストをしたらこのようにはいかないことが多いでしょう。

もう一点、大きなデメリットとしてはストップポイントをはっきり指摘していない点です。

サポートラインから大きく乖離した場所でトレンドに乗ってしまった場合、サポートラインまでに到達するまで損失が増加し続けます。

エントリーポイントがまちがったことに気付けば、また再エントリーするだけですが、トレード中に気付くのは初心者では難しいと思います。

逆を言えば、エントリーポイントがサポートラインから離れていることによって利確ポイントも大きく伸びることになりますが、リスク管理という面ではあまりおススメ出来ない手法だと言えます。

初心者に難しい商材ではあるけども、返金保証がないという点もデメリットとして挙げられます。

3クリックFXのここがいい!


先ほどにも述べましたが、3クリックFXのメリットはラインを引けるように何度も問題と解説が繰り返されています。過去のチャートからトレンドが形成されているのかを自分で判断できるようになり、サポートラインにもついても意識することができるでしょう。

「なんとなく」から「はっきり」と相場の状況が掴めるようになります。

そうすることで、トレンドがはっきりしているところのみにエントリーすることに徹し、無駄なポジションを取ることを押さえることができます。

また、分かりやすいトレンドやレンジの場合、レバレッジを高くしたり、ポジションを大きく取ったり可変的にしているのも初心者にはなかなか新鮮な印象を受けるのではないでしょうか。

その逆にエントリーしたところが難しいと思えるところでは、レバレッジを落としたり、ポジションを抑えています。

このように相場を予想してエントリーするというよりも相場に合わせていくという手法は、いろいろな情報に振り回されてしまう人には有効な手法だと思います。

特に複雑なテクニカル分析やファンダメンタル分析にも惑わされず、トレンドラインとサポートラインに焦点を絞っているというのはシンプルで良い点であると言えます。

トレード・テクニックのみならず、レバレッジやポジションにも言及しており、トレードの在り方を広く意識できるようになります。

3クリックFXの総合評価:10点中4


総合評価としては
10点満点中4点としました。

メリット、デメリットとしても挙げましたがまとめると以下のような点があります。

3クリックFXの良い点

  • 問題と解説が繰り返し展開されており、自分でもラインを意識できるようになる。
  • トレンドが発生するまで待つ姿勢ができるようになり、無駄なエントリーをしなくなる。
  • レバレッジやポジションを意識することでリスク管理の意識が身に付く。
  • エントリーポイントだけではなく、損切ポイント、利確ポイントも意識できるようになる。

悪い点

  • ラインの引き方について詳細は解説されておらず、引けない人は取り残されてしまう。
  • ラインが採用したチャートの時間足や場面で人様々になってしまう。
  • サポートラインとエントリーポイントが乖離していた場合、損が増加していくリスクがある。
  • トレンド相場かレンジ相場かは時間足や個人の裁量に依る部分が大きい。
  • 問題のチャートと解説のチャートの時間が離れすぎていて、過去の分析には良いが現在から将来の相場には応用が難しい。
  • テクニカル分析やファンダメンタル分析を軽視している傾向がある。
  • 返金保証がない。

購入すべき人

ライントレードは基本的な手法の一つですが、ある程度のテクニカル分析をやってきていないと納得いかないところが多いのではないでしょうか。

本商材は初心者には向かず、中級者以上で基本に戻りたいという人に有効な商材です。

もし、私がFXを始めたばかりのときに本商材を手にしていたら、同じところにラインを引くことはおろか、解説の信ぴょう性も理解できなかったと思います。

FXが取り扱う通貨ペアには例えば、1ドル100円が基準となっているというような理論価格というものが存在しません。

よって、ファンダメンタル分析やテクニカル分析がすべてではないことは既に広く知れ渡っていますが、しかし、各国の要人発言や経済指標発表で大きく動くこともあれば、意識されているテクニカル指標がブレイクしたことで動くこともあるわけです。

動かないこともあるからそれをすべて却下するのではなく、それらも若干ながら意識し、全体の大きなトレンド把握のためにサポートラインやトレンドラインを活用することで本商材が活きてくることでしょう。

初心者であれば、もっとストップポイントの大切を詳細に解説したような損失に強い防御型の手法をおススメします。

3クリック FX
勝ち続けるなら王道!利大損小の極意!ラインで炙り出すたった3つのクリックポイント!辿り着いた真実のライントレードノウハウ公開!

詳細はこちらから!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です