初級者

「One Minute’s FX」TAMURA式 【検証&レビュー】

One Minute’s FXってどんな商材?

伝説のトレーダーFX-Jin氏のプロデュース

本商材は、10万人以上のトレーダーを育て、数多くのミリオネアを生み出したFX-Jin氏によるプロデュースです。つまり、商材自体が「Jin氏のお墨付き」といえます。

One Minute’s FXワンミニFX TAMURA式
会社名:クロスリスティング株式会社
開発者:TUMARU氏
詳細はこちらから!

 

手法の発明者は世界ランキング5位の日本人トレーダー?!

「One Minute’s FX」の手法の発明者は、日本人のTAMURA氏。

プロトレーダー歴10年で、米国企業開催のトレーダーコンテストで世界ランキング5位(日本人では1位)という、すばらしい実績を持つトレーダーです。


TAMURA

充実の動画教材とサポート

「One Minute’s FX」の商材は、単に手法を切り売りするのではなく、FXをゼロから学べる動画教材です。

動画では、手法発明者のTAMURA氏自身が、FXの理論を初歩から丁寧に解説してくれます。

会員サポートで質問も受け付けていますので、最終的に「手法が理解できない」おそれは、ほぼないといえます。

One Minute’s FX TAMURA式で学べること

本商材では、FXの「いろは」から、トレードソフトの使い方、「One Minute’s FX」の手法を活用した「リアルトレード」までを学ぶことができます。

ですから、FXはまったく初めて、という方も安心です。


レクチャーは「基礎中の基礎」から

トレード手法のキモ

「One Minute’s FX」のキモは、「1分足の指数移動平均線」です。

510pipsを細かく獲っていく、スキャルピングの一種といえます。

教材の方針

FXを一から百まで教えきる、「オールインワンのFX教材」です。

この教材ひとつで、 FXの超基礎から、インディケーターの見方、資金管理、TAMURA氏の投資哲学まで、FXのすべてを学ぶことができます。

本手法のメリット

①唯一絶対といえる相場の法則を利用している

「絶対はない」といわれる相場の世界。

しかし、唯一「絶対」といえる法則があります。

それは、「値動きは一直線にはならず、チャート上をジグザグに動く」ということです。

どんなに強いトレンドを持つ上げ相場でも、上げたり下げたりしながら、上昇します。

そのジグザグの動きに網を張って「利益をすくおう」というのですから、『FX界の怪盗』の異名をとるTAMURA氏の面目躍如といえます。

ちなみに、相場がジグザグの動きをとるのは、値動きに対して、相場参加者がそれぞれ異なった予想をたて、全員の予想が一致することはないからです。

②1分足を採用

1分足を用いるので、エントリーチャンスが多くなり、勝率が安定します。

仮に「1ヵ月に1回しかエントリーチャンスのない手法」を使ったとすれば、1回のトレードでその月の勝率が決まってしまうわけですから、勝率が安定しません。

また、1分足を用いるので、短時間でポジションの決着がつきやすく、日常生活や会社勤務に支障をきたすことがありません。

「会社を辞めずに兼業トレーダーとしてFX収益を上げることができる」ことは、TAMURA氏が繰り返し強調する「リスク管理」の中でも最良のものといえます。

仮に不運が重なって、FXの原資を大きく失うことがあっても、会社勤務による収入によって原資を回復させることができるからです。

 

③ロスカットが不要

ロスカットが不要であることは、「One Minute’s FX」の大きな特徴です。

性格的にどうしてもロスカットができなかったり、ロスカットによる精神的苦痛がとても大きい人にとっては、非常にありがたい手法です。

 

④安定的な収益が可能

毎日510pipsを数回ずつ、月ベースで毎月1,000pips前後を、安定的に収益することができます。

 

⑤指数移動平均線というシンプルなインディケーターを利用

非常にシンプルな手法なので、理解がしやすく、また応用もしやすくなっています。

本手法のデメリット

①カットをしないので長期戦になりがち

せっかく短期決戦の可能な「1分足」を使っているにも関わらず、ロスカットをしないため、長期戦にもつれこむことがあります。

ロングポジションに対して、「じわじわ下げ続ける」ようなケースです。

本業の勤務時間にめり込んでしまったり、土日をまたぐことにもなりかねません。

土日をまたぐ場合、その間に軍事衝突や大地震があれば、週明けに大損失をこうむるおそれがあります。

 

②本質はマルチンゲール法である

「相場が思っていた方向と逆に動いたら、倍賭けして、少しでも利益が出た時点で逃げる」

‥‥「One Minute’s FX」の手法は、上記の発想に基づいています。

実は、この考え方は、古代ローマの頃からある、「ギャンブル必勝法」です。

マルチンゲール法を使った場合、「資金が無限にある場合を除いては」、期待値はプラスにならない(つまり儲からない)ことが、数学的にも証明されています。

長く続けていると、いつかは破綻するやり方なのです。

TAMURA氏が「勝ち逃げ」の重要性を繰り返し説くのは、そういうことなのです。

マルチンゲール法を採用する以上、「破滅の日」が来る前に、FXの世界から引退する必要があります。

なお、マルチンゲール法を使うトレーダーの場合、トレードコンテストの実績は当てになりません。

トレードコンテストの開催期間は、長くても1年だからです。

マルチンゲール法を使って「10年以上」勝っていたトレーダーが、ある日、突然破産したという話は、しばしば耳にします。

③典型的なコツコツドカン型のトレード手法

毎月1,000pips前後を安定的に抜くことができても、ロスカットをしないわけですから、一度のトレードでそれまで積み上げてきた利益のすべてを失うことになります。

「利益」を求めて、「利益」を失う。
「安心」を求めて、「安心」を失う。
「自由」を求めて、「自由」を失う。

といったパラドクスは、FXの世界ではしばしば遭遇します。

 

④シンプルさが仇となる

初心者にも理解がしやすい「指数移動平均線」のインディケーターですが、ゴールドマンサックスが完成させた「FXトレード用ビッグデータ解析型AI」の前では、児戯にも等しいものです。

感情のないAIは、相場にフラッシュクラッシュと呼ばれる「ジグザグのない一方的な値動き」を意図的に現出させるので、「ロスカットをしない相場参加者」は、格好の餌食となります。

詳細はこちらから!

リアルトレードによる検証結果

期間:78日(月)OCオープン~ 712日(金)NYクローズの一週間
トレードルール:「One Minute’s FX」の手法に忠実に準拠(裁量無し)
通貨ペア:ポンドドルとユーロドル

【結果】

エントリー回数:4回(それとは別に、ナンピンを2回)
獲得pips数:合計60pips
勝率:100

【トレード明細】

通貨ペア

サイズ

/

時刻

エントリー

時刻

利確

獲得
pips

備考

7/9

ポンドドル

1万通貨単位

Long

17:13

1.2460

17:37

1.2470

10

7/10

ポンドドル

1万通貨単位

Short

21:31

1.2500

23:05

1.2540

-40

7/11

ポンドドル

3万通貨単位

Short

15:56

1.2530

23:05

1.2540

-30

ナンピン

7/11

ポンドドル

5万通貨単位

Short

19:49

1.2560

23:05

1.2540

100

ナンピン

7/10

ユーロドル

1万通貨単位

Short

21:55

1.1250

22:49

1.1240

10

7/12

ポンドドル

1万通貨単位

Short

20:05

1.2570

20:20

1.2560

10

合計

60

1回目のエントリー】 ポンドドルのLong


とくに材料なしにポンドが急落したところでエントリー
水色の矢印はMT4上のプログラムによる表示です)

エントリー24分後・・・

10pipsで快勝!

2回目のエントリー】 ポンドドルのShort

とくに材料なしにドルが急落したところでエントリー

⇒その後もポンドドルは上昇し続け、ナンピンを2回するも+30pipsで辛勝

3回目のエントリー】 ユーロドルのShort


とくに材料なしにドルが急落したところでエントリー

54分後に+10pipsで順調に勝利!

【所感】

エントリー回数は、一週間で4回(ポンドドル=3回、ユーロドル=1回)だったので、意外と少なかった印象。

7/10のポンドドルShortのポジションで、ナンピンを2回した際は、ドローダウンが最大時▲240pipsまで膨らみ、少々心配になった。が、無事+30pipsで逃げることができた。

 

総合評価

良い点

マルチンゲール法という古来からの『人類の叡智』を、「1分足の指数移動平均線の絶妙のパラメータ調整」と、「ナンピン間隔の絶妙な設定」によって勝率を高めた点は、高く評価できます。

付属のExcel形式の資金管理表により、「あなたの破産確率」を明示しているのも、フェアといえるでしょう。

ようは、コツコツ勝って、あなたが破産する前に「勝ち逃げ」(FXから引退)すればいいのです。

 

悪い点

「安定的な収益」の裏には、常に破産リスクが隠されています。

たとえば、3回連続でさいころを振って、
1回でも6以外の目が出れば、1万円もらえる
3回連続で6の目が出れば、罰金300万円をとられる

ゲームをするようなものです。

確かに1万円という「安定的な収益」は得られますが、毎回「ひょっとしてひょっとするとひょっとする」リスクをとっていることを忘れがちです。

このような「失敗時に莫大な損失を産むプロジェクト」は、普通の会社であれば、まず企画が通らないでしょう。

所詮は「人の金」である会社のプロジェクトと、自分の「命銭」を賭けるFXトレード。

どちらがより慎重になるべきかは、今一度よくお考えになってみて下さい。

購入すべき人

  • 日中会社勤めをされていて、夕方から深夜の時間帯のみにトレードをしたい方
  • FXを1から学びたい方
  • どうしてもロスカットができない方
  • ギャンブルで勝ち逃げが得意な方

 

してはいけない人

  • 1度のトレードですべてを失うようなリスクはとりたくない方
  • FXトレードの目的が老後資産の運用などの方
  • ロスカットが苦にならない方
  • ギャンブルの潮時がわからず負けるまで続けてしまう方

 

One Minute’s FXワンミニFX TAMURA式
会社名:クロスリスティング株式会社
開発者:TAMURA
詳細はこちらから!

 

 

      COMMENT

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です